よくある質問

よくある質問

Q1 乳がん検診はされていますか?
はい、もちろん行っております。
当クリニックでは、触診と超音波による検査をしております。
子宮がん検診と同様、定期的な検診が必要です。

Q2 初めて婦人科を受診するのですが何か用意していくものはありますか?
保険証は忘れずにお持ち下さい。
服装はとくに何でも構いませんが、気になるようでしたらタイトではない膝丈くらいのスカートがおすすめです。
診察・検査によっては出血することもありますので、白っぽいスカートやパンツは避けた方が良いかと思います。
使い慣れたナプキンを数枚ご用意頂くとよいと思います。
基礎体温を記録している方は診断の参考になりますので、体温表もお持ち下さい。
婦人科受診1

婦人科受診2

婦人科受診3


Q3 子宮がん検診について教えてください。
子宮頸がんの大半でHPV(ヒトパピローマウイルス)の子宮頸部への感染が原因となっているようです。
このウイルスには特にがんの誘発に高いリスクのあるものがいくつか知られております。
感染が起こっても90%以上では免疫力で自然に治るのですが、ウイルスの持続感染が起こると注意が必要になります。

将来的には細胞診とHPV検出を同時に行う併用検診が行われるようになると思いますが、現在は細胞診による検診のみです。
公的補助のある検診は滋賀県在住ならどの地域にお住まいでも受診可能です。
高リスクHPV検査を希望される方は自費になりますが申し出てください。

Q4 子宮頸がんの予防ワクチンを受けたいのですが?
10歳以上の女性の方であれば接種することが出来ます。
0、1、6ヶ月後の3回、筋肉内に接種します。
このワクチンはHPV(ヒトパピローマウイルス)16型および、18型感染による子宮頸がん
(扁平上皮細胞がん、線がん)およびその前駆病変の予防に効果があります。

なお、安全性についてはまだ完全に解決されていませんので、現在当院では接種はしておりません。

Q5 子宮がん検診は何歳ぐらいで受診した方が良いのでしょうか?
一般的に20歳以降での受診が望まれます。
その理由は、前がん状態といわれる異形成という変化が、セクシャルデビューの若年化により若年の頃より持続し、長い年月を経てガンになるために少しでも早い段階で異常を発見するためです。
初期の異常では症状が出にくく、早期に見つかれば大きな手術をする必要もありません。

Q6 中絶手術は行っていますか?
現在、中絶手術は行っていません。


ご予約・お問い合わせ
077-551-2175
診療時間/[午前] 9:30~12:30 [午後] 17:30~19:30
休診日/祝日・日曜日・木曜日・土曜日午後